HOME 相続税対策 > 上手な生前遺産分割(1) 生前遺産分割とは

相続税対策

上手な生前遺産分割(1) 生前遺産分割とは

「生前遺産分割」・・・!?
  生前遺産分割とは、自分の意思がしっかりしている間に、自分の財産の分け方をキチンと決めておき、残された相続人間でもめないように、そして少しでも税金を安くして、より多くの財産を残していこうというものである。
  税金をただ安くしようというだけのものではない。
  税金は安いに越したことはないが、それより大切なこと、-家族がもめない、確実に財産をバトンタッチする-ということに重点をおいて行う生前相続対策なのである。
  自分の相続を知り、どのような制度を使ってやるか、
①贈与か、
②相続時精算課税か、
③事業承継税制か、
④信託か
  はたまた、どのような方法でやるのか、
①生前贈与か
②死因贈与か
③遺言か
④遺言代用信託か
⑤遺言信託か
⑥後継ぎ遺贈型信託か
  こういったことを、あなたがあなたの意思で決定して、実行していく。
  これこそが、私が提案する「生前遺産分割」であり、家族に一番財産が残る方法であると私は思う。

オンライン  料金のお見積りと相続税額の試算
相続税対策 トップページへ戻る
page top
page top